ホーム > 会社概要

会社概要

理容・美容・ペットトリミング用シザーの製造、販売をおこなう東京理器の会社概要と、大正時代にまでさかのぼる創業からの歴史をご紹介いたします。

東京理器's History

当社のルーツは大正時代。1922年に、東京の巣鴨刑務所内にあったバリカン製造事業の民間払下げを受け、「東京理器製作所」を設立したことにさかのぼります。

巣鴨から世界へ。しかし、戦争が…

当初、会社は東京都豊島区西巣鴨にありました。1925年に法人組織に変更して「株式会社・東京理器製作所」と改称し、「星トンボ」「東利」などのブランドで手動式バリカンを製造。国内はもとより、広く中国大陸や南洋方面にも輸出していました。

第2次大戦中は軍需品の生産に転換するかたわら、統制経済のなかでバリカンの生産も続けていました。しかし、1945年4月の東京大空襲により、工場などすべての施設が焼失し、解散にいたりました。

焼け跡から復興し、刃物総合メーカーへ成長

戦後、焼け跡から機械類を掘り起こし、バラックの中でバリカンの生産を再開しました。1946年12月には前会社の一切の権利義務を継承して、東京都練馬区に新しく「東京理器株式会社」を設立し、現在の当社の誕生となります。

その後、理容・美容用刃物の総合メーカーを目指して、電気バリカンをはじめカミソリ類やシザーの生産にも着手。業界における刃物総合メーカーとして、生産活動を続けてまいりました。

時代の変遷に合わせ、シザーメーカーに脱皮

1970年。現在の地・東京都板橋区に移転し諸施設を更新、今日に至っております。その間、時代の変遷と需要の変化により、まずカミソリの製造を中止し、1997年には創業以来の主力製品であったバリカン類の生産から完全に撤退。シザーの専業メーカーへと脱皮いたしました。

現在ではプロ用シザーの専業メーカーとして、「良品良価」をモットーに中級品から高級品まで多くのシザーを製造しています。「胡蝶」「白鳥」など多種のブランドを広く国内および海外市場に提供し、理容・美容ならびにペット業界においてご愛用いただいています。

概要

社名 東京理器株式会社
所在地 東京都板橋区中台1-29-5
英語名 Tokyo Riki Co.,Ltd
TEL 03-3934-0130
FAX 03-3934-0320
創業 1925(大正14)年8月8日
設立 1946(昭和21)年12月18日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 松本 州史
取引銀行 三井住友銀行 ときわ台支店
みずほ銀行 成増支店
東京都民銀行 上板橋支店
西京信用金庫 北町支店
休日 日曜・祝日、第1・3・5土曜、年末年始・夏季休暇各1週間
営業時間 午前8時〜午後5時

アクセスマップ

東武東上線上板橋駅より徒歩5分

アクセスマップ

PAGE TOP


東京理器株式会社